東海古城研究会の活動

東海古城研究会の活動

東海古城研究会の活動

 

当会は昭和35年(1960)10月に、4人のメンバーにて大垣で結成されました。

 

 

以後、着実な活動が評価され、愛知県、岐阜県、三重県といった東海三県をはじめ、全国に会員の方がおられ、現在、約170名の会員さんが在籍しています。

 

 

当会の活動をポイントごとに紹介します。

 

 

 

 

 

見学会(研修会)活動

東海古城研究会の活動

 

 

東海地方の城を中心に近畿・北陸・長野地方の城を加えて見学しています。

 

 

ほぼ毎月1回開催し大型バスを利用して見学しています。

 

 

4月は見学会と総会を併催しますので、公共の交通手段を利用します。

 

 

基本は日帰りですが(年8回)、1泊2日コースと2泊3日コース(特別見学会)を年1回開催しています。

 

 

8月と12月は見学会はお休みです。見学会費は年会費とは別に参加費を頂きます。

 

 

(遠隔地としては近年では東北地方、関東地方、九州地方、中国・四国地方に行っています。)

 

 

 

 

 

 

機関誌「城」の発行活動

東海古城研究会の活動

 

主として会員さんの調査・研究の発表の場です。自由に投稿出来ます。

 

 

その他見学会の寄稿文なども掲載して、はば広く会員さんに親しめるように努力しています。

 

 

現在は年3回発行しています。

 

 

 

 

 

 

 

調査研究活動

東海古城研究会の活動

 

 

役員を中心に、主として地元の城に関する調査を行うことを目指していますが、最近では講演会・セミナー・発掘現地調査会などに積極的に参加して情報の収集に努めています。

 

 

情報は機会があれば会員さんに提供しています。

 

 

8月には「城郭研究セミナー」を開催し会員さんや役員の発表の場としています。

 

 

 

 

 

 

 

「会報」発行活動

 

事務局より、会の動きなどを会員さんに伝えます。

 

 

また、城に関する新聞記事や本の紹介も行っています。

 

 

現在、年4回の発行をしています。     

 

 

 

 

 

 

 

年会費について

年会費は、5,000円です。見学会・城郭セミナーの案内や、機関誌の配布、会報の配布サービスが受けられます。

 

 

また、機関誌への投稿、城郭セミナーでの発表が出来ます。(この場合は編集部・調査研究部の指示に従って頂きます)

 

 

当会では、新会員を募集しております。お城や歴史に興味のある方は、どなたでも入会出来ます。

 

 

お申し込み・お問い合わせは下記へどうぞ。お待ちしております。